スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『はやぶさ』は太陽系大航海時代の先駆け!?

29日夜、久しぶりに『星空ぱぶ』を開催しました。西新橋の「SHU」から今回は場所を変え、秋葉原のリナックスカフェ(千代田区外神田3-13-2 リナックスビル2階)での開催です。講師はNEC航空宇宙システムシニアエキスパートの小笠原雅弘氏。7年ぶりに地球へ帰還、大気圏に突入した『はやぶさ』を開発した会社の技術者として、はやぶさ開発や帰還までの裏話を伺いました。参加者は19人。皆さん熱心に聞いていただきありがとうございました。小笠原さんの話を聞いて感じたことは過酷な環境でも何とか運航が続けられるように、はやぶさは冗長性を持たせた設計思想で製作されたということです。また、発注者のJAXAとNECをはじめとしたメーカー各社の技術者たちのチーム力の強さが成功の要因だと強調されていました。はやぶさは消滅したものの、カプセルにはイトカワ由来の微粒子が入っている可能性が出てきました。ただ、貴金属ではなく、地球に落ちてきた隕石とあまり成分は変わらないそうです。16世紀の地球における大航海時代から、2010年は「太陽系大航海時代」の始まりと言えそうです。
6時半過ぎから始まった会は9時少し前まで参加者の皆さんの熱心な質問が続き、2次会も階下のレストランで10人が参加されました。 
 次回は来年1月を予定しています。聞いてみたい話題や講演者がいましたらご連絡ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のがわかも

Author:のがわかも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。