スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立天文台の特別公開第2日の観望会は成功!?

23日は国立天文台の特別公開の第2日でした。朝から天気がよく、来場者も3000人を超えたようです。私は昼間、中央棟の東側の「みたか太陽系ウォーク」の展示解説コーナーの手伝い、夕方5時からグラウンドでの観望会の手伝いでした。太陽系ウォークはスタンプラリーの1種で、JR三鷹駅に約1メートルの大きさの太陽を置き、13億分の1の縮尺で各惑星(準惑星もあり)ゾーンに参加商店などを分けて、惑星スタンプを集めてもらう仕組みです。冥王星や天王星地区の商店の取材を担当しました。たくさんのスタンプを押した台紙を持って天文台でもスタンプを押す人、初めてで興味深く説明を聞く人など様々でした(ちなみに天文台構内は海王星ゾーン)。私も休みの合間に構内のスタンプ箇所を回り5つスタンプをゲット。本日だけの彗星スタンプも押しました。夕方は星のソムリエとして、観望会のお手伝い。使用望遠鏡は最新の自動導入方式のビクセンの屈折望遠鏡。6時頃までは雲が多く、昨日の二の舞かと危ぶまれましたが、何とか木星を見ることができ、次第に雲も薄れ、月、ベガ、アルタイルまで見えました。
 今回の公開では初めてアインシュタイン塔の内部とALMA棟の内部が公開されました。特に、アインシュタイン塔はこれまで内部を見る機会がなかったので貴重です。私は8月上旬に見る機会がありました。写真はその時のものです。将来はここも天文台の歴史を記した博物館にする構想があるようです。
最初の写真は塔の上部にある太陽光を取り入れる反射鏡装置の部分(鏡はありません)。次の写真は地階の分光装置の合った部分で、これまでの理科年表がずらりとならべてあります。
アインシュタイン塔内部1
アインシュタイン塔内部2

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のがわかも

Author:のがわかも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。