スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芋名月、栗名月

 通常「名月」と呼ばれるのは、旧暦8月15日の中秋の名月(今年の新暦では10月3日)と、ほぼ1ヶ月後の旧暦9月13日の「十三夜(いざよい)」(同10月30日)の二つです。この二つの月は、前者が「芋名月」、後者が「栗名月」または「豆名月」として知られています。芋、栗、豆の違いはおそらく収穫時期の違いでしょう。昔は月見の行事は収穫祭でもあったようです。芋名月で供えるのは里芋とススキ、栗名月は栗、豆名月は枝豆を供えます。芋も豆もどちらも丸い作物という点で共通していますが,栗はどうでしょう。毬(いが)に入っている時はウニのように丸いと言えますが,そこからはじき出た栗は丸いとは言えませんね。もっとも厳密に言えば,里芋や枝豆も丸いとは必ずしもいえませんが、月も満ち欠けすることを考えれば,まんまるである必要はないのかもしれません。
 ということで、9月30日(水)の星空ぱぶ(8月30日のブログで案内)の料理は里芋や枝豆、栗が食材になりそうです。どんな名前の料理になってでてくるか、お楽しみに。7月15日の会で好評だった「皆既日食パスタ」も再登場します。月の満ち欠けには太陽も大事な役割を果たしているのですから。
 ちなみに、9月30日は「十二夜の月」です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のがわかも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。