スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木星のガリレオ衛星を観測!

木星のガリレオ衛星
 今夜は天気がよく、木星もきれいに見えていたので、オルビス社の35倍の望遠鏡で木星の「ガリレオ衛星」を観測しました。写真は宮崎大学天文台の撮影したもので、位置関係は少し違いますが,木星のそばに4つの衛星が光っていました。ガリレオが初めて木星を観測したのは1610年1月7日です。ガリレオは「星界の報告」(岩波文庫に邦訳あり)という本で4つの衛星の位置関係を克明に記録しています。彼はこれらの天体の動きを数日間観測し、木星の周りを回っていることを確信しました。この発見は、ガリレオが信じていたニコラウス・コペルニクスの地動説の裏付けの一つとなりました。
 ドイツのシモン・マリウスは、ガリレオより早く観測していたと主張しました。マリウスの観測記録は1609年12月29日からはじまっていますが、これはユリウス暦での日付けでした。グレゴリオ暦に換算すると、実は1610年1月8日となって、ガリレオよりも1日遅かったのです。わずか1日の違いでガリレオの名が木星の衛星に残ったわけです。ただ、個々の衛星の名前はマリウスの提案したものが使われています。ガリレオは当初、この衛星の名にパトロンのコジモ一世の名を付けたので,メディチ星と呼ばれていた時期もあります。
 実は,中国の天文学史家によると、春秋戦国時代の斉の天文学者・占星術師の甘徳が、紀元前364年に木星近くの暗い星を記録しています。これがガリレオ衛星ではないかと考えられています。事実なら、ガリレオよりも約2000年早く、肉眼でガリレオ衛星を視認したことになります。ガリレオ衛星は5-6等級なので、単独なら肉眼で見える明るさですが、すぐ近くの木星が非常に明るいので肉眼で見ることは難しい。真偽のほどは定かではありません。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のがわかも

Author:のがわかも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。