スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の時間と人の時間

 星を眺めていると、時間について考えることがあります。今宇宙の果ては観測データによると、137億光年と言われます。137億年でも途方も無い長さです。地球が誕生して46億年と言われていますから、その3倍以上です。さらに、137億光年という場合の「光年」とは秒速約30万kmの光が1年間に進む距離です。距離は30万×60(秒)×60(分)×24(時間)×365日という天文学的(!)な数字になります。全く実感がわきませんね。しかし、天文学ではこんな数字が当たり前。恒星で一番太陽に近いのは南半球で見えるアルファ・ケンタウリで、4.37光年離れています。はくちょう座の1等星デネブは3000光年離れています。
 一方、われわれ人類は旧人も含めてせいぜい200万年の歴史です。文明が始まってから1万年もたっていません。最も長生きした人でも120歳台です。こう比較してみると、人の関わる時間など、星に比べるとほんの一瞬です。それなのに、毎日あくせくあくせくしていることの方が多い私です。木星の輝きや夏の大三角の星を眺めていると,そうした日常を忘れさせてくれます。哲学的になるひとときでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:のがわかも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。