スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みたかふれあいサロンでサイエンスカフェ始めます!!

「『すばる』のある島で暮らして〜『すばる』とハワイ島を100%楽しむ!!〜」
 最先端の研究から身近な科学の話題まで、研究者や専門家がわかりやすくお話しします。お菓子や飲み物を片手に、聴いてください。少人数の集まりなので講師への質問も気軽にどうぞ。今回は新作クッキー「すばる」も登場!!
★日時:4月11日(土)午後3時半から5時頃まで
☆場所:三鷹産業プラザ1階 「みたかふれあいサロン」
 三鷹市下連雀3-38-4 電話0422-40-9669 三鷹駅南口から徒歩7分  
★講師:臼田-佐藤 功美子(うすだ・さとう くみこ)さん。国立天文台天文情報センター専門研究職員。2013年まで15年間ハワイ島で地元に根ざした天文学教育普及活動を精力的に行われました。
 すばる望遠鏡が米国ハワイ島のマウナケア山頂で観測を始めて15年以上になります。遠くの銀河や太陽系外惑星など、最先端の観測に携わり、太陽系外惑星に生命が存在するのかも大きなテーマです。すばるで見えてきた宇宙、さらに昨年着工したTMT(30m望遠鏡)でいどむ謎についてもお話しします。ハワイ島での仕事や生活も紹介します。富士山より高いところにある「すばる」の見学はどうすればよいのかも気軽に聴いてみてください。
☆参加費:大人1000円 子ども(小学生まで)500円(当日お支払いください)
★定員:16人(先着順)
☆参加希望者は メール(Ma.okazaki@gmail.com)か携帯電話(090-9809−4011)までご連絡ください。
★主催:シニアSOHO普及サロン・三鷹 宙(そら)みたかワーキンググループ 代表 岡崎昌史
スポンサーサイト

宙博で『惑星ペンダント』が人気でした!!

10月末日は宙博の最終日。台風が過ぎたのに天候はパッとせず、曇空に時折小雨がパラつく一日でした。今日のワークショップでは、三鷹の国立天文台構内の椋の木の木片を台にした『惑星ペンダント』を行ないました。東京国際科学フェスティバル(TISF)のイベント「科学縁日」でも実施したものです。残りの木片に限りがあるため、先着でのペンダント作りでした。地球の人気が一番高く、説明ラベルが足りなくなりました。土星や木星、水星のペンダントにも人気がありました。惑星のシールを貼ってその上に透明な半球状ガラスを置くのが普通ですが、緑色や青色のガラスを使う子供もいました。製作工程で改善が必要なところも見つかり、来年度は本格的に広めることが出来れば、と思っています。惑星ペンダント
写真は一番左から地球、火星、木星、天王星のペンダントです。

台風接近にもかかわらず、『宙博(そらはく)』は大盛況!!

今日は大型の強い台風14号が本州にも接近、風雨が強まってきました。午前9時過ぎに千代田・北の丸公園の科学技術館に到着、4階のワークショップ会場で『星のソムリエ』による工作コーナーで、15倍の望遠鏡や星座早見盤の製作を指導しました。台風接近で来場者は少ないのでは、と予想していたら、全く逆で、開場時間前から親子連れが並び始め、10時開始の予定を10分程度繰り上げました。私を含め、ソムリエ4人で対応しましたが、親子連れがどんどん来場し、大忙し。2時近くまで休みや昼食も取れない状態でした。今日は結局、250本近くの望遠鏡が組み立てられたようです。組み立ては比較的簡単ですが、やはり、レンズの組み合わせ方、向きを正しくできない子や組み立ての順番を間違え、分解して再度組み立てる子もいました。望遠鏡での観察の仕方や見える星の説明もしました。これだけ、星空に関心のある子供たちがいるだけに、興味が持続するように応援したいものです。
 31日(日)も宙博があります。天気があまり良くないので、また大勢の子供たちが来るかもしれません。当日は27人限定で、「惑星ペンダントをつくろう」というイベントを追加で行ないます。

宙博(そらはく)で望遠鏡組み立てなどワークショップを担当します!!

29日から31日まで東京・千代田の北の丸公園にある科学技術館で「宙博(そらはく)が始まります。
宙博の詳細はURL(http://www.sorahaku.jp/)にあります。
そのうち、30日と31日の両日、いずれも「星のソムリエ おすすめ体験工房」と題して星座早見盤と望遠鏡をつくります。望遠鏡は15倍程度ですが、金星の満ち欠けや木星の衛星が見えます。実施時間 は30日が10:15-12:00/13:00-15:00、31日が10:15~13:30です。 場所は科学技術館4階の「宙博ワークショップ会場」です。どうぞおいでください!!

今週も宇宙関係のイベントが目白押し!!

26日(火)から来年2月6日まで、東京・上野の国立科学博物館で「空と宇宙展ー飛べ100年の夢」が始まります。今年は日本初の動力飛行が実現してからちょうど100周年ということで、科学博物館と日本経済新聞社が主催します。小惑星探査機『はやぶさ』の実物大模型の展示や太陽光の力で進む宇宙ヨット(?)『IKAROS(イカロス)』の帆の一部も公開されます。イカロスはJAXAが今年5月に打ち上げた世界初の宇宙ヨット実証機で、現在金星に向けて航行中です。期間中一度見に行こうと思います。29日から31日までは千代田区北の丸の科学技術館で「宙博」が開かれます。30、31の両日、望遠鏡組み立てなどで手伝いに行きます。
プロフィール

のがわかも

Author:のがわかも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。